記事制作会社はどう選ぶ?注目すべき7つのポイント

投稿者: MEDWコンテンツ編集部 投稿日:

記事制作会社

医療・美容・健康分野のコンテンツ作成を検討するうえで外注を検討している企業も多いでしょう。しかし、発注担当者の方の中にはどのように記事制作会社を選べばよいのかわからないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

今回は記事制作会社の選び方や、選ぶにあたって注目するべき7つのポイントを紹介していきます。

発注担当者が注目すべき7つのポイント

発注者が注目するべきポイントは大きく7つあります。7つのポイントを順番に見ていきましょう。

Googleのアルゴリズムに則った記事を制作してくれるか

Googleには検索アルゴリズムというものがあります。ソースの専門性や、検索キーワード、ページの関連性や有用性などさまざまな面を評価し、検索上位を上げるという仕組みです。

そのGoogleのアルゴリズムに則った記事を作成することで、SEO効果が高い記事を作成することができ、検索順位を上げることやアクセス数のアップに繋がります。

構成や執筆、CMS入稿などどの範囲まで対応可能か

コンテンツ制作は構成、執筆、CMS入稿までの流れがあります。CMS入稿とはコンテンツ管理システム(Contents Management System)のことで、会社のサイト内に直接納品することです。このCMS入稿まで行うことで、依頼した企業側が負担することは何もないといっても良いでしょう。

どこまでの範囲を記事制作会社が対応可能なのか、確認してから依頼する必要があります。

執筆や監修など要望に沿ったジャンルに対応してくれるか

執筆だけではなく、依頼するジャンルによっては監修も依頼したい場合があります。

医療系・金融系などのYMYL領域の記事は、特に監修を加えてファクトチェックを行っていく必要があるでしょう。

監修まで依頼したいなど、ご要望に対応可能かどうか注目すべきポイントです。

立案や設計などメディア運用のサポートがあるか

記事制作会社の中には、Webマーケティングに関する知識を豊富に保有している会社もあります。

そのようなマーケティングのプロに案件の立案や設計など、メディア自体の運用のサポートを依頼したいと考える企業もあるでしょう。

メディア運用のノウハウを保有した記事制作会社にメディア運用を依頼することは、ユーザーのニーズに答えられる、価値のあるコンテンツを制作することを可能にします。

短い納期でも迅速に対応してくれるか

記事制作会社に依頼する際に、短い納期でも対応可能かどうかも確認すると良いポイントです。急ぎで対応してほしい案件や「今月中に旬な記事を掲載したい」と考える企業もあるでしょう。

そのような企業にとっては、迅速で短い納期に対応できる記事制作会社は重宝されます。

また、対応可能な納期はもちろん月に何本納品可能か、なども相談してみると良いでしょう。

記事制作の実績が豊富にあるか

最後に記事制作の実績が豊富にあるかという点は確認すべき点です。

記事制作の実績を確認することで、どういったジャンルの記事を執筆していることが多いのか、コラムやニュース、取材などどんな種類の記事の執筆をしている会社なのかなどを把握することができます。

実績を確認して依頼したい記事とマッチしていると思った記事制作会社に、記事制作を依頼すると良いでしょう。

医療領域ならMEDWにご相談を

医療領域は特に専門性や情報の正確性が求められる領域です。

MEDWなら専門的な知識を保有した有資格者が在籍しているため、確かなエビデンスの記事にSEO対策を施し提供することが可能です。

医療領域の記事制作を検討している企業は一度MEDWにご相談ください。