【発注者向け】医療ライターへ依頼する前に確認してほしい3つのこと

スキルマーケット

スキルマーケット

今の世の中では、医療や美容などの情報をSNSやインターネットで集めることは当たり前になっています。

自身の健康に関する問題や美容などの情報は注目を集めやすいジャンルともいえるでしょう。

しかし、医療や美容業界は特に、正しい情報を発信することがメディアの信頼問題にも繋がります。そのため、「誤情報の発信は避けたい」「きちんとした専門家に執筆・監修を依頼したい」「良質なコンテンツを制作したい」と医療従事者のWebライターを探す方も増えているに違いありません。

今回は医療ライターをアサインしていくうえで、重要なことを3つ紹介していきます。

正しい情報を伝えてくれる、優秀なライターと出会えることを願っています。

医療ライターとは

医療ライターとは、Web・紙媒体などで、医療系(健康・美容含む)記事や文章の執筆を行うライターのことです。

あくまで医療系分野の記事の執筆が得意なライターを指している用語なため、医療系資格保有者という意味ではありません。また、ライターによっては医療系分野の執筆で、知見が必要となる場合が多い薬機法について学んでいる方もいます。

医療ライターは医療系のみの執筆をしている方という訳ではなく、医療系に加えて金融、グルメなど他の分野も含め、幅広く執筆しているライターも医療ライターと言います。

事前に確認してほしい3つのこと

次に医療ライターに仕事を依頼する上で事前に確認するべきことがあります。

事前に確認してほしい3つのことをそれぞれ解説していきます。

ライティングスキル

まずはライティングスキルです。

資格保有者として現場での経験が長いことが、良い記事を書けることと直結していません。

専門知識があっても、その知識をわかりやすく読者に執筆して伝える技量があるかどうかは、ライターとしてのスキルによって異な違ってきます。過去のライターとして執筆した記事を見せてもらったり実績を提示してもらうなど、ライティングスキルを事前に確認すると良いでしょう。

記事の信頼性を確保できる

次に医療系の記事において重要な記事の信頼性です。

記事の内容のファクトチェックや、監修など、記事の信頼性を確保できる方なのかという点は重要になってきます。

また、経歴はライティングスキルに直結しないと説明したものの、記事の信頼性の面では、経歴は重要な着眼点になってくるでしょう。どこの大学を卒業し、どこで何をして働いてきたのか、また顔出しは可能なのかも確認すべきポイントです。

費用と稼働時間

医療ライターの需要は高まっており、ライターを副業として始める医療従事者も増えています。そのため、稼働時間や納期を守ってもらえるかという点は事前に必ず確認すべきです。

費用に関しては専門性がある記事ほど高くなってしまう傾向にありますが、費用相応の仕事をしてくれるライターかどうかも見極める必要があります。

今後もYMYL領域は「E-A-T」が重要

今後もYMYL領域においては医療従事者の信頼性の確保が不可欠となってきます。

Googleの検索品質評価ガイドラインでは、ページの品質の面で「E-A-T」が重要とされています。

このE-A-TはYMYL領域において非常に厳しく評価されるため、今後も医療ライターによる記事の信頼性の確保・情報の専門性が必要となってくるでしょう。

*E-A-Tとは専門性、権威性、信頼性のこと

医療ライターと良質なweb環境を築く

良い医療ライターと出会うことは、記事の質の向上、工数・コスト削減につながってきます。

MEDWではコンテンツ制作から執筆、ファクトチェック、監修まで対応可能で、現役の医師をはじめ、薬剤師、看護師、理学療法士、管理栄養士などさまざまな医療ライターが所属しています。

良質なWeb環境を築くためには、良質な医療ライターに記事を依頼することが大切です。

興味のある方はぜひ下記のフォームからご相談お待ちしております。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。